温熱療法ハイパーサーミア

お知らせ

img_hyperthermia01
当院ではカテーテル血管内治療と共に温熱療法ハイパーサーミアを組み合わせ治療しております。
温熱療法ハイパーサーミアは「がん」は熱に弱いという特性を利用し治療する保険適応のがん治療法です。
外部から温める方法ではなかなか腫瘍内温度を上げることは難しいのですが、当院の治療機器「サーモトロンーRF8」は高周波を使い腫瘍内部を温めることができます。また、カテーテル血管内治療で抗がん剤&兵糧攻めの塞栓を行ったあと、温熱療法を併用することで抗がん剤の効果を高め、腫瘍内部温度をさらに上げる事が可能となり腫瘍の縮小が期待できます。

温熱療法ハイパーサーミアは単独治療でも保険適応です。抗がん剤治療の効果を高め、また抗がん剤の副作用(倦怠感、食欲不振など)を抑える効果も実績があります。IGTクリニックでは現在多くの患者さんが他の病院で抗がん剤治療や放射線治療を受けつつ、週に一回程度、温熱療法ハイパーサーミア治療を受けられております。

IGTクリニックは日本ハイパーサーミア学会の「認定施設」「認定医師」「認定技師」が治療を計画、実施しております。

関係記事

1 2 3 4