自家癌ワクチン療法とは

自家癌ワクチン療法とは、手術で摘出した自身のがん組織から作成するオーダーメイドのワクチンです。がん細胞の表面には何種類ものがん抗原ペプチドがあり、このペプチドを目印に免疫細胞は癌細胞を攻撃します。このペプチドは人工的に作られたものもありますが、その種類には限りがあります。一方で自家癌ワクチン療法では自身のがん組織からすべての種類のペプチドを取り出し、自家がんワクチンを作成します。
自家がんワクチンを接種することで体内に残っているがん組織を攻撃する免疫細胞を強化でき、癌の進行や再発を抑えることが期待されています。

当院では、セルメディシンのオーダーメイドワクチンを使用しています。

セルメディシン

その他の診療内容